有酸素運動が血糖値の改善につながる

健康な状態を維持するためには適度な運動は必要不可欠です。

特に有酸素運動は身体をある程度の時間動かし続けることによって脂肪の燃焼や血中の糖分をエネルギーとして消費することができます。
つまり血糖値の改善につながるわけです。
有酸素運動といっても難しく考える必要なく、散歩や自転車で買い物に行くなど軽い運動でも効果が期待できます。



このとき注意するのは急にハードな運動をしないということです。


運動不足の人が健康のためにといきなりマラソンなどのハードな運動をしてしまうと、身体に大きな負担になってしまい、膝や腰を痛めたり心臓などに負担をかける可能性があるからです。

まずは軽いウォーキングなどで身体を動かすことに慣れさせましょう。



プールで歩くなども負担も少なく効果的な有酸素運動です。
また血糖値をあげないようにと食後にすぐ動くこともよくありません。
食後30分から1時間くらいあけてから動くようにすると身体への負担も少なく血糖値の常用を抑える効果があります。

血糖値を改善は有酸素運動をしたらすぐに効果が現われるわけではありません。

本当に改善するためには有酸素運動を生活習慣にする必要があります。

教えて!gooの情報が必ずあります。

続けることが大切で、やったりやらなかったりでは効果もなかなか現れません。

ですから無理のない程度、週に3回くらい30分ほどの有酸素運動を続けられるようにしましょう。

そして血液がドロドロにならないように水分補給をすることが大切です。